読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が絶望的に劣っている点

f:id:razokulover:20131102002030j:plain

僕には他人と比べて絶望的に劣っている点がある。

子供の頃から運動もそれなりにできたし、

勉強もそれなり程度にはできた。

だからそれなりに大学にも入れたし、

浪人・留年も無く就職までできた。

だけども、絶望的に何かが足りない。

僕には目標が全くないのだ。

これは重大で絶望的である。

考えてもみてほしい。

もし、ゴールラインがないフルマラソンとか。

フルマラソンは42.195km先にゴールラインがあるから走れるし、感動がある。

最近よく将来はどんなエンジニアになりたいのとか

どんな定年を向かえていたい?と聞かれることがある。

だが、僕には絶望的に目標がない。

だからその質問に見合うだけの答えがない。

その手の質問は本当に嫌いだ。

目標がないから今やるべきことも不透明になる。

意思が弱くなる。

つまみぐいのような努力しかできない。

僕が絶望的に劣っている点、それは目標がないことだ。

これを読んで色々考えた。

僕が19年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと - ICHIROYAのブログ変更する

思春期みたいなブログになってる。

青い。